1. 参加団体

  2. 院内親の会・東

  3. 院内親の会・西

  4. 地域別親の会

  5. 疾病別親の会

  6. 経験者の会

  7. 遺族会

  8. その他

  9. 団体概要

  1. 小児がんとは

  2. 助成制度

  3. 小児がん支援情報

  4. 小児がん医療情報

  1. 第6回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

    第6回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  2. 8月20日の朝日新聞:「小児病棟にWiFiを」

    8/20 朝日新聞:「小児病棟にWi-Fiを」

  3. 入院中の小児病棟のWi-Fi環境についてのアンケート調査集計結果

    入院中の小児病棟のWi-Fi環境についてのアンケート調査集計結果

  4. 第5回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

    第5回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  5. 第4回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  6. 第3回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  7. 小児がん親の会オンライン会議(Web交流会)

    第2回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  8. 第1回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  9. ファイル

    地域がん登録法の早期制定に関する要望書の提出

  10. タバコ

    がん対策推進基本計画における たばこ対策の推進に関する要望書の提出

  11. 薬

    ドラッグ・ ラグ の解消に向けた制度改正等を求める要望書の提出

会の名称 慶應義塾大学病院小児科で血液・腫瘍疾患の治療経験がある患者と家族の会 さくらの会
活動拠点・地域 慶応義塾大学病院(東京都新宿区)
活動内容 2015年10月に慶應義塾大学病院で行われた「小児がんの治療経験がある患者と家族の勉強会」がきっかけで、2016年1月に「慶應義塾大学病院小児科で血液・腫瘍疾患の治療経験がある患者と家族の会」として発足しました。

家族、医療者、仲間、学校、地域の重なりで患児を支え、患者が生き生きと輝いていける 患者家族会を目指しています。
現在コロナ禍のため病院内での活動が難しいのですが、患児や家族の不安を少しでも和らげられるよう随時状況を考慮しながら活動しています。

活動内容
1)交流会(年1回)
2)病棟お喋り会 冬季を除いて隔月程度で入院治療中の患者ご家族を対象に実施。
3)病棟行事ボランティア
4)ブログとメーリングリストでの各種情報発信

連絡先 ko.sakuranokai+gmail.com
※「+」を「@」に変換してください。
WEBサイト http://ko-sakuranokai.seesaa.net/
メッセージなど 2020年春以降 新型コロナ感染症の影響で院内での活動ができませんが、可能なことから活動を再開しました。
・病棟お喋り会(オンライン開催)
 ZOOMを利用して面会前の時間帯に入院中患者ご家族とオンラインお喋り会を2回実施しました。(2020年11月、12月)
・Web講演会(〜病気をもつ子どもの暮らし 病気の子どもの[きょうだい]の気持ち〜)を配信しました。(2021年3月)

新型コロナ感染症が収束するまではZOOMなどWebを利用した企画で交流の場を持ちたいと考えています。
・病棟お喋り会(オンライン開催)当面 ZOOMを利用して定期的に企画予定。
・通院治療中や治療終了後の経過観察の患者ご家族も対象に含めたオンライン交流会も検討予定。