1. 参加団体

  2. 小児がん患者会ネットワークについて

  3. 院内親の会・東

  4. 院内親の会・西

  5. 地域別親の会

  6. 疾病別親の会

  7. 経験者の会

  8. 遺族会

  9. その他

  1. 小児がんとは

  2. 助成制度

  3. 小児がん支援情報

  4. 小児がん医療情報

  1. 小児がん治療薬剤の開発促進および、ドラック・ラグの解決を求める要望書を加藤勝信厚生労働大臣に手交

    小児がん治療薬剤の開発促進および、ドラック・ラグの解決を求める要望書を加藤勝信厚生労働大臣…

  2. 「小児がん治療薬剤の開発促進および、ドラッグ・ラグの解決を求める患者・家族からの要望書」を自見はなこ内閣府大臣政務官に手交

    小児がん治療薬剤の開発促進および、ドラッグ・ラグの解決を求める要望書」を自見内閣府大臣政務…

  3. 第64回 ⽇本⼩児⾎液・がん学会学術集会「患者・家族プログラム ~診断時から始まるグリーフ…

  4. 第10回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

  5. 小児がん対策国民会議 設立1周年記念シンポジウム開催のお知らせ

  6. 第9回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

  7. 【署名活動開始】子どもの病死原因1位の小児がん~有効な薬があるのに使えない現状を1日も早く解消したい!~

    【署名活動開始】子どもの病死原因1位の小児がん~有効な薬があるのに使えない現状を1日も早く…

  8. 第8回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

    第8回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

  9. 第7回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

    第7回 小児がん親の会 全国オンライン会議(WEB交流会)

  10. 新型コロナ感染拡大に伴うICTを利用した学びの保障および入院治療中の院内Wi-Fi環境の改善を求める要望書を提出

    新型コロナ感染拡大に伴うICTを利用した学びの保障および入院治療中の院内Wi-Fi環境の改…

  11. 第6回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

    第6回 小児がん親の会 全国オンライン会議(Web交流会)

  12. 8月20日の朝日新聞:「小児病棟にWiFiを」

    8/20 朝日新聞:「小児病棟にWi-Fiを」

相談

公益財団法人 がんの子どもを守る会
小児がんの子どもを持つ親を支援しようという趣旨のもと、一定の要件に基づいて、小児がんの子どものいる家庭に対して医療費を援助、学者・医師による治療研究を助成、小児がんの子どもを持つ親に対し各種の相談活動の3つを事業の柱とし、設立されました。
NPO法人エスビューロー
毎夏小児がん・脳腫瘍全国大会を開催し、専門医による医療講座や、サバイバー向けのサマースクールを行なっています。又テレビ会議システムを利用した「ネットでeクラス」(小児がん学習支援コミュニティ)の運営や、喪失家族を対象としたワークショップ等、小児がんに関連する様々な活動をしています。

支援

NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク
NPO法人ゴールドリボン・ネットワークは、小児がんの子どもたちが安心して、笑顔で生活できる社会の創造に役立っていきたいという想いで誕生しました。患者の方とその家族の方々、医療関係の皆様、そして支援をしてくださる方々の心を結び、 協力し合って小児がんの克服に向かって努力してまいります。(HPより)
認定NPO法人ファミリーハウス
「ファミリーハウス」とは小児がん等の難病治療のために、地方や海外から大都市の病院に来ている子どもと介護する家族の疲れた心と身体を温かく迎え、滞在施設として使っていただく「もうひとつの我が家」のことです。
がんの子供のターミナルケア・トータルケア研究会
『小児がんの子どもたちとその家族の生活の質の向上を目的とし、主に患者および家族の精神面および生活の援助に関する発表あるいは意見交換の場とする。』(同会会則より)
日本チャイルド・ライフ学会
『日本チャイルド・ライフ研究会は、こどもが自分を大切にし、自分に自信を持って、自分の未来に希望を抱いて日々を幸せな思いに満たされて生きるためにはどうしたらいいかをチャイルド・ライフの考え方を軸に、医療、教育、保育、社会福祉などの現場から考え、語り合い、実践する自主研究グループです。』(同HPより)
独立行政法人 国立特殊教育総合研究所
我が国唯一の特別支援教育のナショナルセンターとして、国や地方公共団体等と連携・協力しつつ、国の政策的課題や教育現場の課題に柔軟かつ迅速に対応する業務運営を行い、もって障害のある子ども一人一人の教育的ニーズに対応した教育の実現に貢献します。(HPより)
独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
退院後、病気の子どもがスムースに学校に戻れるよう、病状や学校で留意してほしいことなどについて周囲の理解を得るために上記国立特殊教育総合研究所と全国特別支援学校病弱教育校長会がまとめた冊子です。小児がん関連では、小学校、中学校への先生向けパンフレット、および疾病別(白血病、脳腫瘍)の冊子があり、だれでもダウンロードできます。
NPO法人しぶたね
「しぶたね」は、病気の子どもの「きょうだい」のためのNPO法人です。たくさんのひとのあたたかな気持ちをきょうだいたちに渡したいと願って活動しています。(HPより)
Make A Wish Japan
『メイク・ア・ウィッシュは子どもたちの夢をかなえるボランティア団体です。』(同HPより) 難病と闘う子どもたちの夢をかなえる活動をしています。
NPO法人ジャパンハートSmileSmilePROJECT
小児がんの子どもたちに家族とかけがえのない時間を過ごしてもらいたい。そして家族と過ごす事の喜びや、多くの人に愛されているという自信を持つきっかけとなってほしい。その自信を次の治療への原動力や、再発への恐怖を乗り越えるきっかけとして欲しい。そんな願いをこめた事業です。
公益財団法人そらぷちキッズキャンプ
日本で初めての「病気とたたかう子どもたちのための医療ケア付き自然体験施設」。 「外で遊びたい」という子どもたちの夢の実現、自然の中でのかけがえのない体験が 明日への生きる力になります。
https://www.yumewo.org/
スマイル オブ キッズ
闘病中の子供たちや家族への支援事業を行っています。
特定非営利活動法人日本クリニクラウン協会
クリニクラウンは、入院生活を送る子どもの病室を定期的に訪問し、遊びや関わり(コミュニケーション)を通して、子どもたちの成長をサポートし、笑顔を育む道化師のことです。(HPより)
こどものホスピス+プロジェクト
生命(いのち)に関わる病気を持つ子どもたちと、そのご家族の生活をサポートするため、ご自宅への「訪問ケア」や子どもたちとの「小旅行」、「子どもを亡くされたご家族の心のケア」、それに活動資金調達のための「ファンドレイジング」など、さまざまなチームが活動を行っています。(HPより)
ハートリンク共済
白血病などの小児がん を克服し、現在、健康な学校生活や社会生活を営んでいる人達がお申込みいただける保障制度です。
NPO法人ハートリンクワーキングプロジェクト
『就労の機会に恵まれない小児がん経験者に、社会とつながりを持ち、働きながら社会へ通用する能力・知識・技術等を習得してもらい、自立した社会生活を営む事ができるように支援していくことを目的としています。』(同HPより)